MENU

家族の命と健康を守るために。高断熱住宅の新基準「HEAT20」とは?

前回は、住み香の新商品Siel〜シエル〜」について少しご紹介させていただきましたが、今回はその性能に関するお話をさせてください。(前回の記事はこちら

シエルのコンセプトは、“未来を先読む住宅性能”です。

実は、世界基準でみると、日本の住宅性能の基準は甘い部分が多くあるのが現状で、「国の基準だから大丈夫」とはいえなくなってきています。

欧米は、“家全体をあたためる”という考え方なのに対し、日本には“コタツなどで暖をとる”という考え方が長く浸透。
日本人は、夏は暑く、冬は寒い家が当たり前と考えてきました。

昔ながらのお家は、どこからともなくすきま風が吹き込み、冬になるとものすごく寒いですよね!
厳しい気候の季節には、つらいのを我慢して過ごすのが当たり前だったため、家の中で熱中症になってしまうし、ヒートショックも起きてしまうのです。
最近は特に高齢化も進み、家の中の温度差によって引き起こされるヒートショックは、より一層重大な問題となってきました。

また、全国で頻発している大きな災害や異常気象、そしてこのコロナ禍において、以前にも増して住宅性能への関心が高まっています。

そこで住み香が新たにご提案するのは、「HEAT20グレードの家です。

HEAT20とは、住宅・建材生産者、研究者の有志によって発足された団体が、室内温熱環境がどうあるべきか?を考え、従来の省エネ基準よりも高度なレベルで断熱水準を提唱したもの

G1、G2、G3というグレードがあり、北海道は1・2地域、青森や秋田、岩手は3地域などと全国を1〜8の地域に分けそれぞれに断熱性能の基準を定めています

G1、G2と数字が大きいほど断熱性能が高くなっていくのですが、冬期間の最低体感温度がおおむね13℃を下回らない性能をG1、15℃を下回らない性能をG2グレードと定めています。

「最低体感温度が13℃を下回らない」とは、真冬の寒い夜に、寝る前にエアコンを消しても朝の室温が13℃を下回らないということ。
しかも、北海道などの寒い地域でこの室温です。
どれほど快適か、想像に難くありませんよね!

従来の省エネ基準(ZEH)が、冬期間におおむね10℃を下回らない性能と定めていることから、国の基準に比べるとHEAT20がいかに厳しい基準を設けているかがわかります。

住み香のある郡上は、地域区分4。
温暖な地域よりも格段にすぐれた性能が必要となります。

そのため、郡上でHEAT20の家を建てようと思えば当然のことながらコストはかかりますが、家は家族の大切な命と健康を守るものです。

住み香では現状、お客様のご予算にかかわらず限りなくG1グレードに近い性能を実現することができております。

健康のため、快適性のため、さらに住まいの性能を追求したいというみなさまにはG1またはG2グレードに達した住まいのご提供も可能ですので、ぜひご相談くださいませ。

カテゴリ&タグ

最新記事