MENU

後悔しないために知っておきたい!太陽光発電導入のメリット・デメリット

みなさま、こんにちは。
住み香の羽土です(^o^)/

マイホーム検討の際、「太陽光発電をつけるべきか?」と悩まれるかたも多いのでは?

近年、太陽光発電を設置するご家庭は急増しています。
実際に、全国で毎年約20万世帯が太陽光発電を導入しているとのこと。

一方で、導入したことを後悔しているというかたがいらっしゃるのも事実(>_<)

そこで今日は、後悔しない家づくりのために、太陽光発電のメリット・デメリットについてご紹介したいと思います(^o^)/

まず、大きなメリットとして挙げられるのは、「電気代が削減できる」ということ。
これは、多くのかたが真っ先に思い浮かべるメリットですよね(^-^)b
太陽光発電があれば、電力会社から購入するはずだった電気を自分で発電することができるため、その分の電気代を払う必要がなくなるというわけです。

また、もう一つの経済的なメリットとして挙げられるのが「売電収入」です。

経済産業省によると、住宅用太陽光発電で発電した電気のうち、自家消費されるのが平均で約3割、売電されるのが約7割とのこと。
つまり、太陽光発電による経済的メリットの大部分は、売電収入によってもたらされるということになります。

売電単価が年々下がっていることから、「太陽光を導入すると損をする」といった声も聞かれますが、標準的なプランであれば“電気代削減+売電収入”によって、おおよそ10年程度で投資金額を回収できるといわれています。

約10年で回収できたあとも、買取価格こそ下がるものの売電を続けることもできますし、自家消費することによる電気代削減効果はずっと続きます。
長期的に考えれば太陽光発電は手がたく、お得な投資だといえるのではないでしょうか。

また、近年特に注目されているメリットは、「停電しても電気が使える」というもの。
突然の災害などによって停電となった場合にも、太陽光で発電ができる日中であれば自立運転機能を使うことによって電気を使用できるのです(^-^)b

特に災害の多い日本で、このように非常用電源として役立つ太陽光発電は、安心への大きな備えとなってくれるはずです。

 
一方、デメリットとしてまず挙げられるのは「設置費用」の問題です。
太陽光発電の導入費用は年々安くなっていますが、それでもまとまった金額が必要なのは事実。
経済産業省の発表によると、住宅用太陽光発電の価格相場は設置容量5.00kWで137.5万円となっています。

ただし前述の通り、この導入費用は10年ほどで回収できるうえ、太陽光発電専用のソーラーローンを使えば初期投資0円で設置することもp(^^)q
月々の支払いも、太陽光発電によって得られる電気代削減額と売電収入とで十分に相殺が可能です。

このほか、多くのかたが心配されるのが発電量の問題です。
太陽の光によって発電する太陽光発電は、当然のことながら日照時間によってその発電量が左右されます。
そのため、地域によって発電量に差があるのも事実ですが、南に行けば行くほど発電量が増えるという単純なものではなく、実際に九州や沖縄より長野県のほうが多く発電しているというデータが発表されています。
まずは、お住まいの地域の発電量をチェックしてみられることをオススメします(^o^)/

また、導入前に必ず押さえておきたい重要なデメリットの一つに「設置が向かない家もある」ということが挙げられます。

たとえば、極端に屋根が小さい場合や、パネルを載せられる屋根が北向きのみという場合。
このような場合には、十分な発電量を得られない可能性もあります。

そのほか、塩害や積雪など地域特有の条件も考慮する必要があります。

「自分の家は太陽光発電に向いているかどうか?」

後悔しないためには、この点を事前にしっかり確認することが大切です。

住み香では太陽光発電についてのご相談もお受けしていますので、ご興味があればぜひお気軽にお問い合わせくださいね!

また、3月20日(土)、21日(日)、22日(月)完成見学会の開催を予定しているお家は、太陽光発電システムを導入したZEH住宅です。
ご興味のあるかたは、ぜひこちらの見学会にもご参加くださいね!

▼見学会のご予約はこちらから↓↓
https://takahashi-ks.com/news/15487

カテゴリ&タグ

最新記事