【移住】自分らしい生き方のために【郡上移住物語②】

イベントレポート

これは2021年秋より、郡上で始まったあるご家族(K様)の移住のお話です。

現在進行形でお送りするリアルな移住の記録をお楽しみください。

前回の記事はこちらから ⇒ 郡上移住物語①

一番の設計のポイントは快適な室内環境。

冬暖かく夏涼しいのは住み香のお家すべてに共通する事ですが、その仕組みについては日々勉強してより良いものを追求しております。今回のお客様のお家は7月24.25日に完成見学会を行いますので、実際に体験して頂くことが可能です。

イベント詳細はこちらです ⇒ https://takahashi-ks.com/news/17985

快適な室内環境を実現する大切なポイントは、断熱性・気密性・換気です。

これらは3つはどれかがかけても、どれかだけ強化してもその効果は発揮されません。

全てを一定のレベル以上にすることが求められます。

詳しい方ですと、Q値・Ua値・C値などの住宅の性能を表す数値の意味や基準をご存知かと思います。

住み香の住宅はどれも高水準の設計となっており国の最高基準もクリアしています。

そんなお家ではご家族・愛犬・愛猫も1年中気持ちよく暮らして頂くことができます。

なんて気持ちのいい木の香り。

なにかとストレスの多い現代社会において、木の香りというのはものすごく癒しの効果を秘めています。

「玄関から入ったときに、たくさん木の香りのするようにしたい。」

そんなご希望を叶えるために、今回のお家には、内装材にもたくさんの木材が使われています。

まずは、床。

これは住み香の家では常識の無垢材です。

そしてさらに2階は天井・壁がほとんど杉板張りとなっています。

1階の腰壁も杉板張り。

トイレにはヒノキ板が貼ってあり、杉よりも香りが強い空間になっています。

また、寝室の建具も杉板で造作してあります。

これだけの木材に包まれたお家はもはや森ですね。(笑)

『自宅で森林浴!』

新しいキャッチフレーズができました♪(笑)

実は、木の香りは科学的にも良い影響を与えるという研究も出ています。

木の香りの成分は「フィトンチッド」というものだそうで、心身に与える影響としては、血圧が下がり、脈拍が落ち着き、ストレスがかかったときに発生するコルチゾールという数値も下がるそうです。

また、英語では森林浴のことを「Ablution with phytoncides」といいます。直訳すれば、「フィトンチッド」による沐浴。森林浴とは、ずばり「フィトンチッドを浴びること」と言い切っているのですね! 森林浴は人の健康にとても有益であり、ドイツでは森林浴をちゃんとした医療行為と認めているのだそうです。

凄いですね、森林浴!

これからも「自宅で森林浴!」の家づくりを提案していきたいと思います。

ペットと共に楽しい暮らしを。

保護犬・保護猫と暮らされている今回のお家のお客様は本当によく考えられています。

足が悪くなると人だけでなく犬たちにとっても、段差というのは障害物です。

そのため、ガレージから玄関へのアプローチも、ドッグランからウッドデッキへのアプローチもスロープになっています。それだけでなく、エントランスからリビングへの段差も無くしたフラットな設計になっています。

また、一緒に暮らすために必要な設備や遊び場も工夫しました。

ドッグランにキャットウォーク♪

歩いた時に猫ちゃんの肉球が見える透明の踏板も是非見学会でご覧ください。

※ドッグランは見学会の際にはまだ未設置です。

施工事例やインスタグラムもご覧ください♪

ンスタグラムはこちら ⇒ クリック