MENU

家を長持ちさせる定期メンテナンス。その時期は?費用は??

みなさま、こんにちは。
住み香の羽土です(^o^)/

適切なメンテナンスで、家は長持ちする

そんな話を聞かれたことがあるかたも多いかと思います。
これは、本当の話です(^-^)b

定期的なメンテナンスのために、マンションであれば修繕積立金が毎月徴収されます。
一方、戸建ての場合は、修繕にかかる費用を自分たちで用意しなければなりません。

目安として、新築から10年ほどたつと何かしらメンテナンスが必要な箇所がでてきます。

たとえば、外壁もその一つ。
ひび割れや剥離などの症状が現れたら、メンテナンスのサインです。
劣化した外壁を放置しておくと建物内部へもダメージが広がってしまうため、お早めの対処をおすすめします。

また、10年といえば、エコキュート浴室暖房乾燥機など機械類にも不具合が出てくる頃。

「急に壊れて困ってしまった…!」
とならないように、「調子が悪いかも?」と思われた段階でお早めに点検・修理を依頼されることをおすすめします。

では一体、家のメンテナンスにはどれくらいの費用がかかるのでしょうか?

もちろん、それぞれのお家で状況は異なりますが、一般的に外壁や機械類もすべてあわせて50〜100万円程度は必要です。

10年、20年、30年というスパンでメンテナンス時期が訪れますので、それに向けて積み立てておかれるといいかと思います(^^)

また、ウッドデッキや木塀などの木製品についてはもう少し早め、5年程度でメンテナンス時期がやってきます。

業者さんに依頼されるか、ご自分で塗料を購入して塗っていただくか。
いずれにしても、こまめなメンテナンスで長持ちさせることができます。

そのようなメンテナンスが面倒という場合には、本物の木ではなく、樹脂製のウッドデッキなどをご提案することも可能です。

また、この郡上で家を建てる際に忘れてはならないのが“雪害”です。
雪の重みで雨樋が壊れてしまう…といったこともしばしば(>_<)

火災保険ご加入の際には、雪害特約もつけておかれることをおすすめします。

メンテナンスに関してご不安なことやご不明点があれば、何なりとご相談くださいね!

カテゴリ&タグ

最新記事