MENU

家族みんなの笑顔のために。プラン設計で住み香がこだわることとは?

みなさま、こんにちは。
住み香の羽土です(^o^)/

先月は家づくりのファーストステップ “ヒアリング”についてお話しましたが、そんなヒアリングを通してお聞きしたご要望をまとめていくのが「プラン設計」のステップです。

『ヒアリングが重要! “いい家”づくりに欠かせないファーストステップ』
https://takahashi-ks.com/blog/15264

マイホームに対する夢や想いが目に見えるカタチになっていくため、家づくりにおいてもっとも楽しいステップといえるかもしれませんねp(^^)q

そんなプラン作成の際に奥様からいただくご要望で多いのは、「家事室がほしい」「パントリーがほしい」などといった家事にまつわること。

“毎日の家事をできるだけ楽にしたい”というご要望をお持ちの方が多いため、住み香では家事動線や使い勝手のいい収納を重視したプラン設計にこだわっています。

対して、ご主人様から多くいただくのは「書斎がほしい」というご要望。
ただ、書斎用に独立した1部屋を確保するのは奥様の賛同を得られないケースも多く…(^_^;)

そんなときに当社がご提案するのは、廊下の一角にカウンターやデスクを設けて書斎スペースとして活用する、などといった代替プランです。
ロフト小屋裏スペースを代用するのもいいですね♪

ちょっとしたスペースですが、あるのとないのでは大違い(^-^)b
パソコンや読書はもちろん、趣味の場所としても使えると喜んでいただいております。

ただ、一つ忘れてはならないのは、一般的に廊下など居室以外の場所は“寒くて暑い”ということ。
せっかく書斎スペースをつくっても使うことなく、無駄になってしまうケースが多いのです(>_<)

一方、住み香の「涼夏温冬」の家は、高気密・高断熱で家の中の温度差が少ないのが特徴。

窓などの開口部や壁、床、天井をしっかりと断熱・気密施工しているため、たとえ廊下でも一年中快適に過ごしていただけるんですよ♪

ご家族全員が笑顔になる家づくりを心がけておりますので、ご興味のある方はぜひお気軽にお声がけくださいね!

カテゴリ&タグ

最新記事