MENU

【住み香の施工事例】住宅設計のプロが考えた“使い勝手のいい収納”編

みなさま、こんにちは。
住み香の羽土です(^o^)/

家を新築するなら、収納はできるだけたくさんほしいし、使い勝手のいい収納にしたい。
そんなふうに思い描いているかたも多いかと思います。

たしかに、収納のつくりかたで暮らしやすさが違ってくるため、家づくりにおいて収納計画は重要なポイントのひとつです。

そこで今回は、先日ご紹介したS様邸から、収納をピックアップしてご紹介したいと思います(^o^)/

まずは、玄関から。
玄関収納を充実させることで、暮らしやすさは格段に違ってきます。

S様邸では、上着をかけられるハンガーパイプの部分を広めに確保
濡れたレインコートなどもかけられて使い勝手抜群です♪
横にはランドセルやちょっとした物を置けるスペースを設けることで、いつも玄関を綺麗に保つことができます。

キッチンには、半透明の扉つきの食品庫を設置。
キッチンのすぐそばに取り出しやすく片付けやすい収納を確保することで、キッチンが散らかるのを防ぐことができます。
ウォークインタイプのパントリーならもっと収納量を確保できますが、何をストックしていたか忘れて、気づくと賞味期限切れのものがたくさん……なんていうことにもなりがちです(^_^;)
S様邸のような食品庫なら、ストックの管理もしやすいのではないでしょうか?

キッチンカウンターのリビング側はキャビネットとして活用
リビングで使うものはここに収納することで、こまごまとしたものがリビングに散らかるのを防ぎます。

主寝室には、大容量のウォークインクローゼットを設置
クローゼット内に、アイロン台やワークスペースとして活用できるカウンターも設けました。

普段よく使うものはすぐに取り出せるように、クローゼットの外にもちょっとした収納を設けています。

各部屋に最低限の収納を確保したうえで、3帖の納戸も設けました。
普段使うものは各部屋の収納へ、使用頻度の低い季節モノの家電などは納戸へ。
このように使い分けられる収納があると、すっきり片付きやすい家になりますよ♪

住み香ではご家族の荷物の量や暮らし方をしっかりヒアリングして、各所に最適な収納をご提案させていただきます。

綿密な収納計画で、暮らしやすい家づくりを一緒に叶えましょう!

カテゴリ&タグ

最新施工事例