MENU

阪神大震災から19年

私たちが耐震診断や耐震補強などを行うようになったきっかけは、阪神淡路のあの大震災でした。

あの大震災から19年になるそうです。

あの時犠牲になった方々は、ほとんどが倒壊した家屋の下敷きになってあっという間に亡くなったということでした。

ちょうど2年前の今日17日に、神戸で ”木の家”耐震改修 大勉強会 in神戸 という研修会に参加し、研修の終わった夕方でしたが、いろんなところで追悼の祈りをささげる光景に出合い、私も手を合わせながら、家族を守るはずの家の下敷きになって大事な命を落としてしまうということは絶対にあってならない、これからも家族の命を守れる家をしっかり作っていかねばと、あの時改めて肝に銘じたものでした。 

あの時の思いを忘れないようにと、あの研修会の冊子だけは手の届くところにおいて

時々開くようにしています。

20130117_1011289

カテゴリ&タグ

最新記事