岐阜・郡上市で注文住宅を建てるなら、木の国「白鳥町」の高橋建設[住み香]、新築からリフォームまで何でもお任せ下さい。

岐阜・郡上市 注文住宅の住み香へのお問い合わせはこちらから
岐阜・郡上市 注文住宅の住み香 電話番号は0575822282

住み香のコンセプト

「私たちの役割は家を造ることではなく、お客様の幸せを創るお手伝いをすること」
家づくりとは様々な要素が重なり合い、はじめて完成されるものです。
「耐震性」「耐久性」「断熱性」などの住宅としての性能はもちろん、土地選び、設計やインテリア等の生活上の利便性の問題、また費用やローン選定などの資金面の問題。
これら全てが、家づくりには大切な要素となります。
そして、本当に安心できる家づくりを行うためには、全ての要素に対する専門知識豊富な経験が求められることになります。
「住み香」では家づくりにおいて、徹底してお客様に喜んでいただけるような、またご家族が安心して暮らせる家を研究し、ご提案・ご提供させていただいております。

 

理想の価格で理想の住まい

「建てて良かった」。

そうお客様に思っていただける事が、私どもの喜びであり、励みなのです。
「家づくりとは、家さえ建てればよいということでは決してありません」

家づくりを考え始めたばかりの頃は、自分の建てる家のイメージが固まっていないにも関わらず、またローンや保険に関する知識も少ないなかで、業者の言われるがままに契約してしまう人も少なくありません。

私たち『住み香』は、

「同じ予算で理想の家を建てる」
「制限内の予算で理想の住まいに最大限近づける努力」

ということをコンセプトに家づくりを行っております。
ワンランク上の理想の家を建てるだけでなく、たててから家族が幸せに暮らせるように、住宅に係る税金・住宅ローンや保険など、ライフプランに関わる全てのことを私たちは総合的にご提案いたします。

なぜ同じ予算でワンランク上の家が建てられるのか

家づくりの金額の多くは、建材や職人さんに支払われる人件費です。
しかし、大手ハウスメーカーではテレビCMや展示場の建設費・維持費など、あなたの家の原価とは関係のない販促費まで、あなたの家の価格に加わっているのです。

私たちはお客様への負担を最大限まで抑えるために、広告や展示場を必要最低限に抑え、同じ予算ならワンランク上の家を提供できるように知恵と工夫で企業努力をしております。

私どもは建材や材木を仕入れるコストにも気を配り、「同じメーカーの同じ品番の製品を購入するなら、他社よりも安く仕入れる努力・勉強」をしています。

 

これは全国8000社の工務店ネットワークで情報を集め、どの建材がいくらの仕入れ値で取引されているのかを迅速に知ることで、仕入れの価格を抑えることが可能となるのです。
これぞ一般のハウスメーカーや工務店ではできない、独自の仕入れ価格削減の方法なのです。また、大工さんや職人さんの人件費も、現場作業での無駄を無くすことでコストダウンを図っています。
これらは「地域の見積もりと同じ価格で、もっといい家を建てたい」という当社の考えにメーカーさん・協力業者さん・職人さん一同が賛同してくれるからこそ実現できるのです。

 

家づくり本来の姿とは「人と人」
マイホームを完成させるためには、棟梁を中心にたくさんの職人さん、納材業者が携わり、進行していきます。
「家づくり」とは、いくら工業化や機械化が進歩していっても、人の手で成し遂げられるもの。
だからこそ大切なのは人であり、人と人とのつながりであり、人同士の信頼であると考えます。その信頼関係の中で、住まい手(お施主様)と担い手(住み香)とつくり手(施工業者)が出来る限り顔を合わせ、お客様の思いを直接肌で感じ、現場で意見を提案しながら、最終打ち合わせを行います。
例えば、棚の高さやコンセントの位置などは、図面ではわかりにくいため、細かな内容もその場で決めていきます。

 

 

家づくりの第一歩は納得いくまで話し合う事
まずは、お客様の思いを把握し、そしてプロとしてのアドバイスをご提案。
答えが出るまで、納得いただけるまで話し合いを行った後、マイホームづくりへの一歩を踏み出します。
「家づくり」とは会社が押し付けた「商品」ではなく、設計士が書き下ろした「作品」でもありません。
それはお客様の大切は資金をお預かりした業者として、匠の技をもってカタチにしていく、 かけがえのない財産としてお返しすることなのです。

 

家づくりは、「住まい手」・「担い手」・「つくり手」の信頼の和
私たちはこの思いを原点にお客様との信頼関係、業者同士の横繋がりをしっかりと結びつけるため、協力業者との話し合いの機会を多く設け、直接「家づくり」に携わる業者全員が、技術力・精神力・人間性を磨いていきます。
そして、この三者(住まい手・担い手・つくり手)が信頼の和の中で一体となったとき、誰にも真似できない、自信にあふれたお客様だけの宝物が生まれるのだと思っています。

 

家づくりに一番大切なものは職人の心意気
工務店の生命線。
それは「質の高い職人の存在」です。
いくら良い木材を使っても、それを最大限に活用できなければ意味がありません。
昔から木材は「あばれる」と言って、建てた後に、「ねじれ」や「ヒビ」を生じます。
それらを初めから把握した上で建てるのが大工の腕の見せどころ。
そして何よりも「真面目」!!
何かあった時にすぐに飛んできてくれる、大切な家を自分の子供同然に見守ってくれる。
そんな職人魂にあふれる大工さんたちによって高橋建設は成り立っています。
大工の腕と心、これだけはだれにも負けない自信があります。 

一棟入魂

高橋建設の家づくりを腕一本で支えてくれる地元の職人さん。
「キャリアが長い大工さんなら、良い家が造れて当たり前でしょ?」
答えは「NO」です。
職人さんは機械ではありません。
匠の技と心を持つ人間(職人)だけが、良い家を実現させられるのです。
職人さんも多種多様。
一棟の家を建てるのに何人もの職人さんが腕を振るいます。
基礎工事に始まり、水道・電気・左官・内装工事など、いくつもの業種の職人さんが仕事に携わります。
目に見えない部分に神経を注ぎ、下地を綺麗におさめることによって、仕上がりの美しさや完成度は全く異なったものになります。
高橋建設の家の美しさ、それは匠の技そのものなのです。

ページトップへ